企業の周年イベント!
社員のための
周年記念イベントや
企画事例をご紹介

最終更新日:

企業の周年イベント

企業の設立から数えて5年、10年といった節目には、さまざまな周年イベントなどの取り組みが企画されます。しかし、周年イベントをするとなっても、何をしていいのか分からないという担当者も多いかと思います。そこで今回は周年イベントのアイデアを中心にご紹介していきます。

目次

よくある質問

会社の周年記念イベントの目的

周年イベントの多くは企業の設立から数えて5年、10年といった節目の年に行われる傾向にあります。イベントを行うことで、企業のさらなる成長や事業の拡大など、この先の発展に向けて弾みをつけることを目的としている企業が大半。そこで大切なのが「周年イベントを誰に向けて行うのかをはっきりさせておくこと」です。社員に向けてなのか、社外のお客様や仕入れ先様に向けてなのかで、その内容が変わってくるからです。

社員向けとお客様向けの周年イベントの違い

周年イベントには社内に向けて行うものと社外に向けて行うものの2つがあります。社内向け(社員向け)に行う場合は、自社がたどってきた歴史を再確認し、あらためて自社の社会的な使命や将来的なビジョンを認識する機会になります。自社をより深く知ることで、愛社精神の醸成、仕事へのモチベーション向上にもつながります。周年イベントを行うことで社員同士が会話する機会も増え、社員間のコミュニケーション促進にも役立ちます。社外向け(お客様向け)に行う場合は、これまで自社を支えていただいた感謝の気持ちを表すことで、関係性の強化を図れます。ブランディングや新商品の紹介、キャンペーンなどを周年イベントのタイミングで行うことで、プロモーション活動が促進され、新たなビジネスチャンスにつながる可能性もあります。

企業周年イベントのコンセプトを考える

コンセプトを考える

周年イベントは周年記念事業の一環として行われることが多いため、まずは周年記念事業のコンセプトを確認し、それに準じたものにする必要があります。その上で、先述した社内向けなのか、社外向けなのか、対象を考慮しながら「どんな周年イベントにしたいのか」を決めていくことが大切です。周年イベントのコンセプト決めは、この後必要となってくる会場の決定や企画立案にも関係するので、初めにしっかりと考えておきましょう。

周年記念の目的について

詳しくはこちら

周年イベントの会場アイデア

周年イベントをどこで行うか? これはとても重要です。ここでは会場それぞれの特色を紹介しますので、周年イベントのコンセプトや対象を考慮しながら、どこで開催するのがベストなのかを選んでみてください。

ホテル

ホテル

名の通ったホテルは、その格式の高さから社内向けでも社外向けでも使える王道の選択。開催するスペースも大きいものから小さいものまで、選択の幅があるのも利点です。ステージの設置や立食/着席パーティーへの対応など、こちらの希望に合わせてセッティングを変えてくれるホテルもあるので、相談してみましょう。

ドームやアリーナなどの競技場

ドームやアリーナでの開催はホテルよりもカジュアルな雰囲気で実施することができます。ホテル同様、さまざまなシーンで利用されるため、設備的な面でもフレキシブルに対応してもらえるところが多いです。ドームもアリーナも大きな施設なので、多くの来場者が見込まれる大規模な周年イベントを実施する際に検討してみるとよいでしょう。

クルーズ船

周年イベントでホテルやドーム、アリーナを会場にするのは一般的ですが、それよりも個性を出したいのであれば、クルーズ船での開催がおすすめです。新鮮な驚きとともに非日常感も演出でき、印象的な周年イベントになるはずです。ただ、開放感たっぷりのクルーズ船は、天候に左右されるという弱点があり、開催時期などの熟慮が必要です。

遊園地などテーマパーク

テーマパーク

遊園地などのテーマパークを貸し切って開催するのも方法のひとつです。この場合、子ども連れの家族や平均年齢の若い社員に喜ばれるため、社内向けの周年イベントに向いていると言えます。周年イベントを開催すると同時にテーマパークで遊べるメリットもあり、満足度の高いイベントになるでしょう。

水族館

水族館でも周年イベントを受け付けているところがあります。かなり個性的な会場選定となるため、他社と被ることはまずないでしょう。そのため、来場者にも強いインパクトを残せるはずです。ただ、閉館後の実施となることが多いため、夕方から夜にかけてのイベントになることも。むしろその時間帯を狙ったコンセプトであれば、好都合とも言えます。

オンライン開催

海外に拠点がある場合、全社員が同じ会場に集まるのはなかなか困難です。そこでオンラインでの開催も考慮にいれてみてはいかがでしょうか? テレワークが増え、オンラインで参加する環境が整っている現在、参加のハードルも下がっていることから、以前ほど難しくはないはず。オンラインとリアルの併用で開催するのも手です。

会社

最後におすすめしたいのが、自社内での開催です。会場に使えるスペースが確保できるかどうかが課題ですが、何より会場費がかからないのがいちばんのメリット。社外の方を招く場合は、会社見学などを並行して行うのも良いアイデアです。社内向けであれば、いろいろと融通が利くので、社員全員でイベントをつくりあげる意識で準備をしてみてはどうでしょうか?社員同士のコミュニケーションも促進されるはずです。

企業周年イベントの企画事例

企業の周年イベントはどのようなことを行っているのでしょうか? ここでは周年イベントで行われる具体的な中身について述べていきます。大まかな構成としては「式典」と「懇親会」の2部制で行うことが多く、第1部である式典は畏まった雰囲気の中、自社の歴史を振り返りながら今後のビジョンなどを紹介するのが一般的です。第2部の懇親会では、式典とは反対に和やかな雰囲気で立食パーティーや社員同士のコミュニケーションが図れるようなクイズ・ゲームを開催することが多いです。

社長のプレゼンテーション

式典に欠かせないのが社長のプレゼンテーションです。社長が創業者の場合は、会社設立の経緯や想いなど、普段聞くことができない話を直接聞ける貴重な機会となります。

社員の表彰式

社員の表彰式

周年イベントのタイミングで、貢献度の高い社員や組織を表彰する企業もあります。周年イベント自体が喜ばしいことなので、表彰式は親和性の高い企画と言えます。社員や組織を表彰することで、表彰された本人はもちろん、表彰されなかった社員も「次回こそは自分が!」とモチベーションアップにつながるはずです。

これまでの歴史動画上映

創業時から、もしくは前回の周年イベントから現在までの会社の歴史を動画にまとめ、それを会場で上映する企画は、近年多くの企業が採用しています。創業時の映像が残っていない場合は、写真をコラージュ風にしたり、ところどころに役員や社員のインタビューを入れたり、ちょっとしたストーリー仕立てにするなど、動画は表現の幅が広く、楽しい演出が可能です。

ゲストパフォーマンス

ゲストを呼んで周年イベントを盛り上げる手法も、近年よく見られます。人気が高いのはお笑い芸人。事前に自社のことを知っていただき、ネタに絡めてもらうなどの演出ができれば、より盛り上がること間違いなし。社員とコラボレーションするのもアイデアのひとつです。その他にもバンドやダンスチームなど、周年イベントに呼べるグループはいろいろあるので調べてみてください。

クイズ大会

クイズ大会

周年イベントの王道企画といえば、クイズ大会です。クイズにするテーマは企業の創業年(設立年)や社長の名前などの簡単なものから、勘でしか当てられないようなマニアックなものまでさまざま。クイズ大会は会場の種類や来場者の人数に応じてカスタマイズしやすいのも魅力。一人ひとりに解答してもらうパターンやテーブルごとに解答するパターン、部署選抜戦など、工夫次第でバリエーションを増やすことができます。

企業風土に合わせたゲーム

食品メーカーであれば、ランクの高い肉かランクの低い肉かを食べ当てるゲームをしたり、年齢差のある職場であれば、ジェネレーションギャップをネタにしたゲームを考えるなど、その企業の特色を生かしたゲームをすると盛り上がります。

アイワットはアイデア提案も行っています

お問い合わせはこちら

記念撮影

周年イベントでの記念撮影は欠かせない企画。全社員が集合写真を撮る機会は多くないと思いますので、貴重な機会を生かしたいものです。

成功の秘訣はコンセプトを明確にし、対象者目線で考えること!

成功の秘訣

周年イベントは周年記念事業の中でも核となる催しものであり、企業の歴史を発信したり、社内外に感謝の気持ちを伝えたりする良い機会です。周年イベントを成功させるためには、コンセプトを明確にし、対象者の目線になって企画することがポイント。ただ、企画から運営まで自社内ですべてを賄うのは、なかなか難しいのも現実です。そんなときは周年イベントのプロに任せるのもいいでしょう。社外から客観的に見てもらうことで、より魅力的な周年イベントのアイデアが出てくるかもしれません。

周年イベントのことならアイワットにご相談ください

「自社が周年を迎えるが何をしていいのかわからない」というご担当者様は多くいらっしゃると思います。ましてや通常業務をしながら、周年イベントのスケジュールや企画を考えるのは、荷が重いですよね。そんなときはその道のプロに相談してみましょう。アイワットは周年イベント単体はもちろん、周年記念事業全体のプランニングや企画、運営をまとめて請け負うことも可能。お客様の企業風土やコンセプトに合ったプランをご提案します。王道のイベントからオリジナリティあふれるものまで、数多くの実績とノウハウを持っていますので、気軽にお問い合せください。

周年記念のご相談はアイワットへ! お問い合わせはこちら

よくある質問

企業の周年イベントの目的は?

周年イベントは、企業のさらなる成長や事業の拡大など、この先の発展に向けて弾みをつけることを目的としている企業が大半です。そこで大切なのは、周年イベントを誰に向けて行うのかをはっきりさせておくこと。社員に向けてなのか、社外のお客様や仕入れ先様に向けてなのかで、その内容が変わります。

他社と被らない周年イベントのアイデアは?

オリジナリティのある周年イベントを行うためには、まず会場選びを工夫してみましょう。遊園地などのテーマパークや水族館、条件が揃えばクルーズ船という非日常感を味わえる選択肢もあります。自社の特色、風土に合わせた会場選びをしてみてください。

周年イベントで実施するゲームは?

周年イベントを盛り上げるために実施する企画として「クイズ」や「ゲーム」があります。企業の歴史に関する問題や社長、名物役員などに関する内容をクイズ形式にして、来場者に答えてもらいます。ゲームは自社の業界に関することや、企業風土に合ったものをテーマにすると、個性的かつ盛り上がる内容になります。

周年記念の実績
を見る

気軽にご相談ください
お問い合わせはこちら

TOP